ミディアムスケールのストラトが欲しくなった理由

ストラト

 

「外国人は手がデカすぎる!ズルい!」

 

ギターを弾いている方なら、そんな風に思ったことはないでしょうか?

 

 

わたしは昔、接客業をやっていて、外国人のお客さんが来店されることもありました。

 

そういう時に、外国人のお客さんの手を見てみると、欧米人は、手が大きい人が多い!

 

 

ギターを弾いている身としては、うらやましい以外の何物でもなかったです。

 

フェンダーのギターは手の大きな人向け?

 

現在、エレキギターのネックの長さは、ロングスケール、ミディアムスケール、ショートスケールが主流です。

 

ロング・スケール 648mm。 代表的なのはフェンダーのストラトキャスター、テレキャスターなど
ミディアム・スケール 628.6mm。 代表的なのは、ギブソンのレスポール、フライングV、SGなど
ショート・スケール 610mm。 代表的なのは、フェンダーのジャガー、マスタングなど

 

わたしは、ロングスケールのギターも、ミディアムスケールのギター(ギブソンなど)も持っているのですが、
ミディアムスケールの方がしっくりくるし、弾きやすいと感じていました。

 

 

ギターは当然、欧米人も弾きますよね?

 

 

そして、ロングスケールのネックは、欧米人の手の大きさを基準に作られています。

 

 

わたしは、欧米人のように手は大きくないので、

 

「ロングスケールよりもミディアムスケールの方が弾きやすいのも、ある意味当然なのかな〜」

 

なんてことを考えておりました。

 

どうせストラト買うなら、ミディアムスケールのストラトはどうなんだろうか?

 

そんなある日、ストラトが欲しくなってきました。そして、

 

「せっかくだから、ミディアムスケールのストラト・キャスターってどうなんだろう?」

 

と思いたち、東京の御茶ノ水(おちゃのみず)まで、ミディアムスケールのストラトを見に行くことにしました。

 

御茶ノ水

 

東京周辺にお住まいの方ならご存知かと思いますが、御茶ノ水には、楽器屋さんがたくさんあるのです。

 

 

ここだったら、ミディアムスケールのストラトも何本か弾き比べできそうだなと思ったわけです。

 

(近所のギター屋には、ミディアムスケールのストラトなんて置いてなかったのでw)

 

 

わたしが最初に目を付けたのは、フェンダー・ジャパンのミディアムスケールのストラトです。

 

これは、置いてある楽器屋さんがすぐに見つかったので、早速試奏させてもらいます。

 

・・・

 

たしかに、ミディアムスケール。

 

ボディ・サイズも、普通のストラトよりも少し小さくコンパクトな感じです。

 

なかなか良い感じです。

 

 

しかし、せっかく御茶ノ水まで来たのに、一本目で即決してしまうのも、なんかもったいない。

 

 

「ここはすぐに決断せずに、他のメーカーのミディアムスケールのストラトもチェックしてみたいな・・・」

 

と思い、さらに別の楽器屋さんに行ってみることにします。

 

(※フェンダー以外のメーカーになると、ストラトではなく、正確には「ストラト・タイプ」ということになります)

 

 

しかし、フェンダー・ジャパン以外に、ミディアムスケールのストラトをどこのメーカーが出しているのか分からずw

 

そこで適当にいくつかの楽器屋さんに入ってみたところ、国産メーカーのストラトをたくさん揃えているお店がありました。

 

この中に、ミディアムスケールのストラトがあるかな?と思って、店員さんに聞いてみました。

 

フェンダー以外のミディアムスケールのストラト(タイプ)を発見!

 

僕「ミディアムスケールのストラトを探しているんですけど、この中にありますか?」

 

店員さん「それがそうですね。」

 

と店員さんの指差す先にあったのは、日本の有名メーカー:フジゲンのストラト・タイプでした。

 

フジゲンのネオクラシックシリーズ

 

店「弾いてみますか?」

 

僕「ぜひお願いします」

 

店「このミディアムスケールのストラトは、あんまり入ってこないので、ラッキーですよ。」

 

僕「僕はそんなに手は大きくないので、ロングスケールよりも、
ミディアムスケールのストラトの方が弾きやすいかなと思って、探してたんですよ。」

 

店「そうなんですか。このギターは、国内で作っているものなので、当然、職人さんも日本人です。
日本人の職人さんは、外人みたいに手が大きいわけじゃないので、日本人でも弾きやすく作られていますよ。」

 

僕「なるほど、国内で作られているかどうかで、そんな違いがあるんですね。」

 

店「今、日本製のギターは特にヨーロッパの方で人気ありますね。」

 

僕「ほうほう」

 

店「日本国内で製造されているから日本では安く買えますけど、
これがヨーロッパの方に輸出されると、フェンダーUSAと比較されるような価格になります。
それでも比べてみて、日本製のギターが良いからということで、買ってくれる方がたくさんいるんです。」

 

などと色々と話しを聞かせてもらいつつ、試奏をさせてもらうことに。

 

フジゲンのミディアムスケールのストラトタイプを弾いてみた第一印象

 

弾いてみた印象としては、

 

ミディアムスケールなので、ストレッチが必要なフレーズなどは、ロングスケールよりも弾きやすい。

 

ボディもミディアムスケールに合わせて少し小ぶりになっているので、取り回しもききやすい。

 

ただ、ちょっとネックが太いかな?とも感じましたが、
あくまで、アイバニーズなどの極細のネックと比べたらの話ですけど。

 

 

 

正直、フェンダー・ジャパンのと、フジゲンのこのギターとどっちを購入しようか迷いました。

 

 

 

ただ、店員さんの

 

日本人の職人さんは、外人みたいに手が大きいわけじゃないので、日本人でも弾きやすく作られていますよ

 

という言葉がとても胸にビシビシっと響いていたので、結局フジゲンのミディアムスケールの・ストラト・タイプを買いました。

 

 

ちなみに、僕が買ったのは「NCST-M10」という型番で、フジゲンのネオクラシックシリーズのギターです
(10の数字の前についている「M」が、ミディアムスケールを表しています)。

 

※今は、同じ型番のギターは廃版になっているようですが、フジゲンからは、別の型番で引き続きミディアムスケールのストラト・タイプが出ています。



↓ フェンダーのミディアムスケールもあります



↓ 変わったモデルとしては、コンバットのSTモデルなんかも面白いですね(個人的には、コレも欲しいです)

Combat コンバット エレキギター ST WARM Bolt-On Mahogany (Natural/SN:60282)

↓ Cool Zのミディアムスケールのストラトタイプ

クールZ CoolZ エレキギター STタイプ ZST-M10R OTM ( ZSTM10R ) 【ミディアムスケール】

↓ キャパリソンの27フレットなのにミディアムスケールな、変わり種モデル(もはやストラトじゃないけど笑)

Caparison Horus-M3 Aqua Blue MF【27フレット、ミディアムスケール】

 

フジゲンのネオクラシックをじっくり弾き込んでみた結果

 

そして、買ったギターを家で早速じっくり弾いてみたところ、ネックの太さにはすぐに慣れました。

 

ネックの太さ的には、ストラトの太さとしては普通くらいだと思います。

 

ナット幅が広くないので、弾きやすいという印象を受けます。

 

とても手にシックリきて、弾きやすいです。
とても気に入っていて、毎日弾きまくっておりますw

 

 

ここで、ミディアムスケールのストラトのメリットと、デメリットを
挙げておきたいと思います(※あくまで個人的な意見です)。

 

メリット

 

僕のように手の大きくない者には、ロングスケールよりも弾きやすい。

 

ロングスケールのストラトと比べて、ボディサイズも少し小さくなっているので、
取り回しがしやすく、立って弾く時も弾きやすい(気がする)

 

ボディが小さくなっている分、軽いので楽。

 

デメリット

 

ネックの長さが短くなっているので、その分、弦のテンションはゆるくなる

 

(※ゆるくなると言っても、ブニョブニョではありません)

 

ただし、弦のテンションがゆるくなると、プリングやハンマリングは
弾きやすくなると思いますので、人によってはメリットだと感じるかもしれません。

 

ミディアムスケールのストラトはここから探せます

 

フェンダージャパンやフジゲンなど、いくつかのメーカーがミディアムスケールのストラトを出していますので、ぜひ一本買ってみてじっくり弾いてみるといいと思いますよ。

 

ちなみに、ミディアムスケールのストラトは、楽天で「ミディアムスケール ストラト」で検索すると色々と出てきますよ。

 

楽天でミディアム・スケールのストラトを探してみる